3タイプの医療用ウィッグ

17年11月11日

医療用ウィッグは適宜、自分の頭のサイズや形に合わせることでウィッグを付けているのか?分からないほど、自然な仕上がりになるもので、どうしても市販のかつらでは不自然さが目立ってしまいます。そんな自然な印象を与えることができる医療用ウィッグですが、購入する際には3タイプの医療用ウィッグがあるということを覚えておいて下さい。その3タイプが既製品セミオーダーフルオーダーのタイプです。

自然まず既製品ですが、既製品の特徴はやはり価格面にあると言えます。既製品と言ってもやはり1万~10万円程度が相場であり、安いとは言えませんが、中には数千円クラスのものもありますので、価格面だけではこの既製品には敵いません。しかし、あくまでも既製品なので自分にぴったりと合ったサイズがあるとは限らず、髪の毛の量や長さも調整できないのが難点です。また、アフターケアについては何も行っていない場合がほとんどであり、購入後のサービスはあまり期待できません。

次にセミオーダーですが、セミオーダーはノーカット・ノースタイリングのウィッグの中から希望するものを選び、購入の際にサイズの調整や希望のスタイリングなどを行ってくれるというものです。既製品と価格を比べてしまうと5万~30万円程度と高くなり、また、調整を加える為、依頼してから商品を手にできるまでには数日~1週間程度の時間がかかります。

最後のフルオーダーはその名前の通り、一から医療用ウィッグを作る形になります。一から作りますので、毛質やスタイル、髪の量などを自由に指定できるのが最大のポイントです。また、頭のサイズを測ってから作るため、装着した際のフィット感は抜群です。ただし、当然のことながら価格は高くなり、数十万円~100万円する上に、完成までに約1ヶ月ほどの期間を要することが難点だと言えるでしょう。