医療用ウィッグの試着は大事

17年11月08日

抗がん剤医療用ウィッグを選ぶという場合、必ず自分の頭に合っているかなどを判断する為、試着をすることが絶対に忘れてはいけません。がん患者女性の多くは抗がん剤を使用する為、脱毛が始まり、その為に医療ウィッグを着用しますが、医療用ウィッグがどの程度の期間、使用されるかみなさんはご存知でしょうか?通常の医療用ウィッグの使用期間は平均で2年です。これは、抗がん剤の副作用で髪の毛が抜け始めてから、治療が終了した際に再び生え、違和感がない程度まで伸びるまでの期間を指します。

当然、髪の毛がまったくない期間に医療用ウィッグはゆるくなり、髪の毛がある程度伸びてくると逆にきつくなります。サイズの調整が可能か否かという点は医療用ウィッグを選択する上で非常に重要なポイントです。従って試着は非常に重要であり、試着の際にはアジャスターがついているかなどの点を確認しましょう。そして、抗がん剤の使用前に医療用ウィッグを購入する場合は、脱毛後に使用したときのことを想定してみることが大切です。

そのためには、ネットを使って髪をまとめてから試着しましょう。その上で、生え際、もみあげ、頭頂部などが自分の思い描いているものかという点を確認してください。約2年間、使い続けることになるものですので、なるべく多くの医療用ウィッグの試着を行ってできるだけ自分の満足がいく医療用ウィッグを選んで下さい。自分だけで判断が難しい場合は家族や友人などに同行してもらい客観的な意見をもらうことも大事なポイントであると言えるでしょう。