サイズ調整が可能

17年11月04日

サイズがん患者の女性が使用しているケースが多い、医療用ウィッグ。この医療用ウィッグは通常のかつらと比べ、ストレスなく付け続けられるという点が人気の理由として挙げられますが、この他にも医療用ウィッグが人気である理由があります。かつらを着ける場合、一番重要なポイントは何か?ということをみなさんはお分かりでしょうか?人間の体はひとそれぞれで、当然のことながら頭の形やサイズも異なることになります。

従って、その点は医療用ウィッグを付ける人もサイズなどが異なりますので、その人用の医療用ウィッグを作れるということはこの医療用ウィッグを選ぶポイントとして挙げられます。市販のかつらではやはり既製品となってしまいますので、1日だけ付けるというような場合であれば問題ないのですが、長く付けるという意味ではこの医療用ウィッグが好まれます

抗がん剤による治療を始めると脱毛が始まり、治療終了後、約半年で新しい髪の毛が生えてきます。この期間中に人の頭のサイズは約1cm~2cmも変化してしまいますので、サイズの調整ができなければすきまなどができてしまい非常に不自然に見えてしまいます。しかし、医療ウィッグであればサイズ調整ができますので、その時々のサイズにすぐに適応することが可能になりますので、付け心地なども常に快適な状態でいられるというわけです。