3タイプの医療用ウィッグ

17年11月11日

医療用ウィッグは適宜、自分の頭のサイズや形に合わせることでウィッグを付けているのか?分からないほど、自然な仕上がりになるもので、どうしても市販のかつらでは不自然さが目立ってしまいます。そんな自然な印象を与えることができる医療用ウィッグですが、購入する際には3タイプの医療用ウィッグがあるということを覚えておいて下さい。その3タイプが既製品セミオーダーフルオーダーのタイプです。

自然まず既製品ですが、既製品の特徴はやはり価格面にあると言えます。既製品と言ってもやはり1万~10万円程度が相場であり、安いとは言えませんが、中には数千円クラスのものもありますので、価格面だけではこの既製品には敵いません。しかし、あくまでも既製品なので自分にぴったりと合ったサイズがあるとは限らず、髪の毛の量や長さも調整できないのが難点です。また、アフターケアについては何も行っていない場合がほとんどであり、購入後のサービスはあまり期待できません。

次にセミオーダーですが、セミオーダーはノーカット・ノースタイリングのウィッグの中から希望するものを選び、購入の際にサイズの調整や希望のスタイリングなどを行ってくれるというものです。既製品と価格を比べてしまうと5万~30万円程度と高くなり、また、調整を加える為、依頼してから商品を手にできるまでには数日~1週間程度の時間がかかります。

最後のフルオーダーはその名前の通り、一から医療用ウィッグを作る形になります。一から作りますので、毛質やスタイル、髪の量などを自由に指定できるのが最大のポイントです。また、頭のサイズを測ってから作るため、装着した際のフィット感は抜群です。ただし、当然のことながら価格は高くなり、数十万円~100万円する上に、完成までに約1ヶ月ほどの期間を要することが難点だと言えるでしょう。

医療用ウィッグの試着は大事

17年11月08日

抗がん剤医療用ウィッグを選ぶという場合、必ず自分の頭に合っているかなどを判断する為、試着をすることが絶対に忘れてはいけません。がん患者女性の多くは抗がん剤を使用する為、脱毛が始まり、その為に医療ウィッグを着用しますが、医療用ウィッグがどの程度の期間、使用されるかみなさんはご存知でしょうか?通常の医療用ウィッグの使用期間は平均で2年です。これは、抗がん剤の副作用で髪の毛が抜け始めてから、治療が終了した際に再び生え、違和感がない程度まで伸びるまでの期間を指します。

当然、髪の毛がまったくない期間に医療用ウィッグはゆるくなり、髪の毛がある程度伸びてくると逆にきつくなります。サイズの調整が可能か否かという点は医療用ウィッグを選択する上で非常に重要なポイントです。従って試着は非常に重要であり、試着の際にはアジャスターがついているかなどの点を確認しましょう。そして、抗がん剤の使用前に医療用ウィッグを購入する場合は、脱毛後に使用したときのことを想定してみることが大切です。

そのためには、ネットを使って髪をまとめてから試着しましょう。その上で、生え際、もみあげ、頭頂部などが自分の思い描いているものかという点を確認してください。約2年間、使い続けることになるものですので、なるべく多くの医療用ウィッグの試着を行ってできるだけ自分の満足がいく医療用ウィッグを選んで下さい。自分だけで判断が難しい場合は家族や友人などに同行してもらい客観的な意見をもらうことも大事なポイントであると言えるでしょう。

サイズ調整が可能

17年11月04日

サイズがん患者の女性が使用しているケースが多い、医療用ウィッグ。この医療用ウィッグは通常のかつらと比べ、ストレスなく付け続けられるという点が人気の理由として挙げられますが、この他にも医療用ウィッグが人気である理由があります。かつらを着ける場合、一番重要なポイントは何か?ということをみなさんはお分かりでしょうか?人間の体はひとそれぞれで、当然のことながら頭の形やサイズも異なることになります。

従って、その点は医療用ウィッグを付ける人もサイズなどが異なりますので、その人用の医療用ウィッグを作れるということはこの医療用ウィッグを選ぶポイントとして挙げられます。市販のかつらではやはり既製品となってしまいますので、1日だけ付けるというような場合であれば問題ないのですが、長く付けるという意味ではこの医療用ウィッグが好まれます

抗がん剤による治療を始めると脱毛が始まり、治療終了後、約半年で新しい髪の毛が生えてきます。この期間中に人の頭のサイズは約1cm~2cmも変化してしまいますので、サイズの調整ができなければすきまなどができてしまい非常に不自然に見えてしまいます。しかし、医療ウィッグであればサイズ調整ができますので、その時々のサイズにすぐに適応することが可能になりますので、付け心地なども常に快適な状態でいられるというわけです。

医療用ウィッグとは?

17年11月01日

医療用ウィッグ日本だけでなく、世界中で多くの方が患っている癌という病気。この癌という病気を治す為に抗がん剤を服用するケースがありますが、女性の方でこの抗がん剤を服用した場合、悩む部分は抗がん剤の副作用による脱毛です。一番重要なことは命ですので、そちらを第一優先するのは当然ですが、女性は何歳になっても美しくいたい生き物です。従って、美しさの象徴である髪の毛は女性にとっては非常に重要なポイントとなってくるのです。そこで今、注目を浴びているのが医療用ウィッグと呼ばれる、いわゆるかつらが多くの女性を救っているのをみなさんはご存知でしょうか?今回はこの医療用ウィッグについてみなさんにご紹介させていただきます。

まず、前述しました通り、医療用ウィッグはいわゆるかつらであるとご紹介させていただきましたが、そもそも医療用ウィッグと医療用ではない市販のかつらとでは何が違うのでしょうか?結論から言ってしまうと医療用ウィッグと市販のかつらとの違いはあまりないです。逆に、市販のかつらでおしゃれなかつらや良いかつらがあればそちらの方が良かったなんてことも多々あります。しかし、冒頭にお伝えしました通り、医療用ウィッグは多くの女性が苦しんでいる癌の抗がん剤による副作用の脱毛による人が着けるかつらです。

従って、癌を患っている女性がこの医療用ウィッグを選ぶのには理由があり、その理由は治療期間中にストレスなくこの医療用ウィッグを付け続けられるという点です。市販のかつらと違い、この医療用ウィッグは非常に精巧な作りである為、市販のかつらで多い、付けている感じがなく、付けていても非常に自然な見た目で他人からの目線があまり気にならず長く付けていられるという点が、医療用ウィッグが今、注目を浴びているというわけです。